今話題のニュースやスポットを更新します

長崎からいろんな情報を発信

クレジットカード

Surface Proユーザーの嫉妬が怖い? 「ThinkPad X1 Tabl

更新日:

 Lenovoの「ThinkPad X1 Tablet」はMicrosoftの「Surface Pro」に着想を得ているのではないだろうか。どちらも「Windows 10」を搭載したハイエンドタブレットで、キックスタンド、アクティブスタイラスペン、酷似したキーボードが用意されている。

そうでなければ、Lenovoは、Surface Proのデザインを拝借したといえるかもしれない。Microsoftの「Surface Pro 3」が販売されたのがThinkPad X1 Tabletよりも2年近く早いことを考えればあり得る話だ。

どちらにせよ恥じる必要はない。Surface Proシリーズは、2-in-1デバイス市場の頂点に君臨し続けており、最高峰のWindows 10デバイスと称されている。LenovoがSurfaceの美学を参考にしたというのなら、最高のデバイスの特長を取り入れたことに称賛を送りたい。本稿をご覧いただければ、この2機種が同等であることが分かるだろう。

●構造とデザイン

実際のところ、LenovoはSurface Proの完全なコピーを作ったのではなく、その1歩先を行っている。Surface Proの良いところとThinkPadの象徴的な特徴を融合することで、ビジネス寄りの2-in-1デバイスを誕生させたのである。

キーボード装着時のThinkPad X1 Tabletの本体サイズは291×217×13.65ミリ(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.065キロだ。Microsoftの「Surface Pro 4 Type Cover」を装着した「Surface Pro 4」より若干重くて若干厚みがあるにすぎない。造りも非常に頑丈でしっかりした感触がある。素材の大半はマグネシウム合金構造で、小さな傷、汚れ、指紋を適切に防ぐ。また、1~2回誤って落としたとしても耐えられるだろう。Lenovoによれば、ThinkPad X1 Tabletは、米国国防総省の軍用規格「MIL-STD-810G」に準拠しているとのことだ。

キックスタンドには、ボトムヒンジとキックスタンドを開閉するためのラッチが備わっており、約90度まで広げることができる。購入直後のキックスタンドは非常に固くて頑丈だが、ThinkPad X1 Tabletが製品寿命を迎えるまで、その状態が維持されるかは疑わしい。

本体を立てるという点に関してThinkPad X1 Tabletは安定している。だが、かなり滑りやすい。Surface Pro 4はトップヒンジで、キックスタンドは本体の中央部から広がる形になっている。この構造により、先端がより鋭く食い込んで同じ場所にとどまることができる。これは文字通り膝の上で使用するときに特に当てはまる。一方、ThinkPad X1 Tabletは膝の上で安定性に欠ける。また、ThinkPad X1 Tabletのキックスタンドは約25度まで閉じるとパチンと閉まる。逆に言えば、本体を約155度まで開くキックスタンドは閉じるということだ。

これは重箱の隅をつつくようなもので、そこまでThinkPad X1 Tabletを開くことが役に立つ場面はほとんどない。とはいえ、この価格帯のデバイス全般にいえることだが、そうした細かい点にも不満をいう権利がユーザーにはある。

●端子と入力

ThinkPad X1 Tabletには、各種端子が用意されている。本体右側にはMini DisplayPort、フルサイズUSB 3.0、USB Type-C。そして、左側には3.5ミリヘッドフォンジャックとKensingtonセキュリティロックのスロットが配置されている。また、microSDカードスロットがキックスタンドの裏側に隠れるように存在し、キーボードとアクセサリー用のマグネット式のスマートコネクタは本体下部にある。

過去のレビュー記事では、ハイエンドデバイスを製造している他のメーカーが携帯性や薄型設計のために端子の選択肢を犠牲していることについて苦言を呈してきた。ThinkPad X1 Tabletは、バランスの取れたアプローチの方が好ましいことを立証している。Samsung Electronicsの「Galaxy TabPro S」の方が薄型で軽量であるのは紛れもない事実だ。だが、入力端子がUSB Type-Cしか搭載されていないことで生産性が損なわれている。ThinkPad X1 Tabletは、Galaxy TabPro Sよりもはるかに完成度が高い製品になっている。専用の入力端子ではなくUSB Type-C端子で充電できる点を特に高く評価したい。将来性があるのはUSB Type-Cだが、現在広く普及しているのは標準的なUSBだ。ThinkPad X1 Tabletはそのどちらにも対応している。

●キーボードとタッチパッド

ThinkPad X1 Tabletは、別売りのマグネット式のキーボードカバーと組み合わせることができる。このアイソレーションキーボードには、約1.58×1.58ミリのキーが83個配置されている。各キーはThinkPadでおなじみの外観で、下辺が丸みを帯びている。押した感触に特筆すべき点はなく、キーストロークは約1.25ミリだ。

快適な入力にはこれくらいのキーストロークが最低限必要だ。この点に関してThinkPad X1 Tabletは、2-in-1デバイスの中でも優秀な部類に入る。キーボードはThinkPad X1 Tabletのディスプレイベゼルの下端にマグネットで装着でき、キーボードに傾斜を付けることが可能。これはSurface Pro 4で好評を博している仕組みだ。このデザインによりキー入力しやすくなるだけではなく、ほとんど感じ取れないような非常に小さな反発力のおかげで各キーの弾力性が若干増している。

最初は、あまり好感を持てないかもしれないが、こうした弾力性が備わっているかどうかで状況は大きく変わってくる。一方、Galaxy TabPro SとAppleの新型「MacBook」はキーボードが平らに広がっているため、弾力性はない。強めに押すとキーを押すたびに底に達する。この弾力性の効果は、長いメールや文章を書いたときに指先が痛くならないことで実感できるだろう。

細かいことだが、消音キーとマイクに表示灯が追加されているのはありがたい。特にビジネスシーンではそうだが、ノートPCのスピーカーが消音になっていることを一目で確認できるのは便利だ。

トラックパッドの大きさは、約9.1ミリ×5.3ミリで、繊細な質感だ。応答性はまずまずだが、3つの隣接するボタンがスペースを占有しているためサイズは小さい。これらのボタンは、ThinkPadの象徴的なキーボードのTrackPointと連動している。もっと大きなタッチパッドの方が好ましいと考える向きもあるだろうが、ThinkPadのTrackPointには非常に熱心なユーザーがいる。TrackPointが廃止されようものなら一騒動が起こりかねない。

●ディスプレイ

12型のIPSディスプレイは10点マルチタッチ対応だ。解像度は2160×1440で、アスペクト比は3:2、画素密度は217ppiとなっている。Appleの12.9型の「iPad Pro」とSurface Pro 4に搭載されているディスプレイの方が画素密度は高く、その値は265ppi前後だ。ただし、その差はディスプレイを隣り合わせに並べてじっくり比較しなければほとんど分からない。

ThinkPad X1 Tabletのディスプレイはどの基準に照らしても卓越している。視野角は広く、最大輝度も高い。その輝度は335nitを計測する。色は正確に再現されるが、白は若干黄色がかっている。またコントラストに十分な深みがあるため、他のデバイスと遜色ないレベルで照明によるグレアを適切に抑えている。

Corningの強化ガラス「Gorilla Glass」が採用されたディスプレイは、一部の競合デバイスに比べるとやや反射しやすい。また、キーボードの右下に搭載されている指紋スキャナーは今回のテストでは正確性を欠く結果となっている。単純に機能しないことが非常に多く、機能した場合でも何度か押さなければならないケースが少なくなかった。同じような不満はMicrosoftの「Type Cover(指紋認証センサー付き)」でも感じた。この領域に関してはMicrosoftとそのハードウェアパートナーによる改善が求められる。

●スピーカーとカメラ

ThinkPad X1 Tabletには本体の両側にスピーカーが搭載されている。音の出力に関する性能はまあまあだ。特に大音響というわけではないが、音のバランスが取れていて心地よい。高音が耳障りだったり、低音がぼやけたりすることもない。個人的に使用する分には問題ないが、それ以上のものはなく、他のモバイルデバイスのスピーカーと比較すると、評価は低めだ。

ThinkPad X1 Tabletには、200万画素の前面カメラと800万画素の背面カメラが搭載されている。いずれもビデオチャットには最適だが、それ以上の用途には向かない。通常であれば、レビューではタブレットやノートPCのカメラは考慮に入れない。購入するかどうかをカメラで決めるくらいなら、その前にコインを投げて決めてしまうだろう。だが、Appleの新型MacBookに搭載された「FaceTime」カメラの解像度が480×720という低品質なものであることを考えると、ThinkPad X1 Tabletにまともなカメラが搭載されていることは言及しておいた方が良いだろう。

●パフォーマンス

ThinkPad X1 Tabletでは全種類のIntelの第6世代「Core m」プロセッサを搭載したモデルが提供されている。RAMは4GBから16GBまで、SSDは128GBから1TBまでの容量が用意されている。レビューに使用したThinkPad X1 Tabletには、Intelの第6世代「Core m7-6Y75」(1.2GHz、1.51GHz)、8GBのRAM、Intelの「HD Graphics 515」、256GBのSSDが搭載されている。

Core mは、動作時に熱を帯びないためファンは不要で、非常に薄型で軽量なデバイスの実現につながる。起動は速く、性能で上回るIntelの「Core i」デバイスと比べても、ある程度のワークロードまではほとんど区別が付かない。Googleの「Chrome」で十数個のタブを開きながら、Windowsに搭載のメールアプリ、Slackの「Slack」、Microsoftの「Microsoft Office」アプリを開くと、プロセッサの限界が見えてくる。だが、計画的なアプローチを取って少々我慢できるなら、驚くことにさらに負荷の高い写真や動画の編集も強引に進めることも可能だ。この3~4年の間に開発されたゲームの大ヒット作品については適切に動作しないものが多い。だが、Valveの「Portal」のように古い作品ならプレイできる。

レビューに使用したThinkPad X1 Tabletに内蔵されているSSDは、利用可能な234GBのうち約56GBが購入時に既に使用されていた。その中で必須の「システムファイル」が占めている領域は34.5GBだ。Lenovoのソフトウェアが少しプリインストールされているが、特別不快に感じるようなものはない。また、ありがたいことに、レビューに使用したThinkPad X1 Tabletには煩わしいMcAfeeの「McAfee Internet Security」やSymantecの「Norton Internet Security」が付属していなかった。このようなツールがプリインストールされていると、無料トライアルやタイミングの悪いスキャンに悩まされることになる。

本稿で使用したThinkPad X1 Tabletのスペックは以下の通りだ。

・ワコムのペンをサポートする12型IPSタッチスクリーンディスプレイ(解像度2160×1440、アスペクト比3:2)
・Microsoftの「Windows 10 Pro」(64ビット)
・第6世代Intel Core m7-6Y75(1.2GHz、1.51GHz)
・Intel HD Graphics 515
・8GB LPDDR3 RAM
・256GB SSD
・802.11 a/b/g/n/acデュアルバンドWi-Fi、Bluetooth
・800万画素の背面カメラ、200万画素の前面カメラ
・寸法(キーボード装着時):291×217×13.65ミリ(幅×奥行き×高さ)
・重量(キーボード装着時):約1.065キロ
・ワコム製ペン、キーボードカバー、USB Type-C電源アダプターが付属
・本稿使用モデルの価格:1649ドル(注1)

※注1:日本では23万2500円(税別、以下同)。Lenovo直販モデルで最も近い構成になる「ThinkPad X1 Tablet:ハイエンドパッケージ」をカスタマイズし、SSDを256GBに変更して「内蔵指紋センサー」を追加した場合の価格。

●バッテリー

ThinkPad X1 Tabletには37Whのバッテリーが搭載されている。Lenovoによれば最大10時間持続するという。ただし、負荷が高いFuturemarkの「PowerMark」の「バランス重視」モードによるテストでは、そこまで良い結果は得られていない。ディスプレイの明るさを70%に設定してThinkPad X1 Tabletをテストしたところ、バッテリーは3時間22分持続した。これはユーザーが最低限期待できる時間だが、それでも良い結果とはいえない。

さいわい、レビューで使用したThinkPad X1 Tabletは短時間で充電がなされる。バッテリー切れの状態で電源につないでから30分後には55%まで回復していた。

●ペン

ThinkPad X1 Tabletに付属しているLenovoの「ThinkPad Pen Pro」は握りやすく、ディスプレイ上ではペン先が滑らかに走る。だが、鉛筆で紙に描くときのように、もう少し抵抗がある方が好みのユーザーもいることだろう。ホバー操作はディスプレイから1.5センチほど離れていても有効で、これは十分過ぎる距離である。ThinkPad Pen Proではワコムテクノロジーが採用されており、2048段階の圧力を感知し、プログラム可能なボタンが2つ搭載されている。また単6電池(同梱)で動作する。ThinkPad X1 TabletにはThinkPad Pen Proを格納するために使える2つの選択肢が用意されている。1つは本体のUSB端子に装着するホルダーで、もう1つはキーボードに装着するホルダーだ。

これは、薄型軽量デバイスで利用できるペンの格納方法としては優秀といえる。Surface Pro 4では本体側面にマグネット式着脱部が配置されているが、Type Coverのペンホルダーの方がしっかりとペンを固定できる。

ペンのテスト結果から判断すると、ThinkPad X1 Tabletは直線をゆっくりと引く作業にやや難がある。だが、これはSurface Pro 4でも見られた問題だ。また、素早く線を描くと左側が抜け落ちる。VAIO Zフリップモデルでペンを使用したときの方が全体的には良好な結果が得られた。

●拡張性とアクセサリー

ThinkPadに拡張機器があることは周知の事実だ。また、ThinkPad X1 Tabletのスマートコネクタを活用する独自のモジュール式アクセサリーがある。Lenovoの「ThinkPad X1 Tabletプロダクティビティーモジュール」は、149ドル(2万5000円)で販売されており、フルサイズHDMI端子、USB 3.0端子、Lenovoの「OneLink+」接続ドックコネクタが搭載され、5時間分のバッテリーが増強される。Leonovoの「ThinkPad X1 Tablet 3Dイメージングモジュール」は、背面にIntelの「RealSense R200」3Dカメラが追加されることにより、ThinkPad X1 Tabletを3Dスキャナーとして使用できるようになる。また、「ThinkPad X1 Tabletプレゼンターモジュール」にはフルサイズHDMI端子が搭載され、2メートルの距離から60型のディスプレイを投影できるピコプロジェクターが組み込まれている。

Lenovoによれば、ThinkPad X1 Tabletには「エンタープライズクラスのサービス性」があり、バッテリー、WWANカード、SSDを自分で交換または修理できるという。ThinkPadシリーズはビジネスユーザーや法人顧客を対象にしているため、こうした事への対応は造作もない。また、薄型の2-in-1デバイスを新たに導入することを考えている企業ではこれが決め手になる可能性もある。この価格帯のデバイスでは修理に特別なサービス契約や特殊ツールが必要になる場合がどれほど多いかを考えれば、この点は注目に値するだろう。

●価格

Lenovoは直販サイトで販売中のThinkPad製品に対して頻繁な値引きを実施している。また、小売業者もさまざまなセールを展開している。それを考えると、ThinkPad製品の正確な価格を特定することは難しい。本稿執筆時点で、Intelの「Core m3-6Y30MB」プロセッサ、4GBのLPDDR3 SDRAM 1866MHz、Microsoftの「Windows 10 Home」(64ビット)、128GBのSSD(SATA3)を搭載し、ThinkPad Pen Proが付属した構成のThinkPad X1 Tabletの値引きが適用されて809.10ドルで販売されている。ただし、通常価格は899ドル(注2)だ。これにキーボードを追加すると、値引き後の価格は935.10ドルで、通常価格は1039ドルになる(注3)。

※注2:日本では15万6500円。Lenovo直販モデルで構成がほぼ一致する「ThinkPad X1 Tablet:エントリーパッケージ」からキーボードを外した価格。
※注3:日本では17万5500円。Lenovo直販モデルで構成が一致する「ThinkPad X1 Tablet:エントリーパッケージ」の価格。

同等スペックのSurface Pro 4の価格は899ドル(12万4800円~)。Surface Pro 4 Type Coverを追加すると総額1029ドル(14万1200円~)になる。それから、指紋センサー付きのType Coverを追加した場合は総額1059ドル(14万5280円~)だ。Microsoftも時々値引きを実施している。

Galaxy TabPro Sもまた同様のスペックにキーボードカバーが付属している。Samsungによれば別売りのアクティブペンが間もなく発売されるという。Galaxy TabPro SはUSB Type-C端子が1つしか搭載されていないが、価格は900ドル(日本発売未定)だ。

ThinkPad X1 TabletとSurface Pro 4の間には軽微な違いがあるものの、どちらも同じくらい優れていると感じるユーザーが大半だろう。どちらの構造と入力端子の選択肢も似通っている。何事にも当てはまるアドバイスだが、全ての機能が同等なら安い方を選ぶべきだ。また、935.10ドルのThinkPad X1 Tabletは900ドルのGalaxy TabPro Sよりもお買い得だといえる。ThinkPad X1 Tabletの方が端子が多く、キーボードの快適さでも上回る。ただし、Galaxy TabPro Sが堅実なデバイスであることを考えると、通常価格の1039ドル(17万5500円)でThinkPad X1 Tabletを購入する場合と比較すると何とも言いがたい。

●結論

ThinkPad X1 Tabletは、Surface Pro 4のThinkPadエディションと呼ばれてもおかしくない製品だ。Surface Pro 4で好評を博している全ての機能を取り入れた上で、ThinkPadの特長を加えている。

ThinkPad X1 Tabletには好ましい点が多い。構造品質は卓越しており、USB Type-Cを含む各種端子のサポート状況については競合製品が太刀打ちできないほどだ。また、ThinkPad X1 Tabletのモバイルキーボードは、これまでTechTargetがテストしてきた中でも優れた部類に入る。ThinkPadのファンならTrackPointが搭載されている点も気に入るだろう。それから、モジュール式の拡張機器が用意されているという点でもThinkPad X1 Tabletは他のデバイスの追随を許していない。

バッテリーの持続時間がもっと長く、キックスタンドがもっとしっかり固定されれば、ThinkPad X1 Tabletは無敵の2-in-1デバイスになっていたことだろう。

それでもThinkPad X1 Tabletは2-in-1デバイスとして非常に優秀だ。高性能なWindows 10モバイルデバイスを求めているなら、ThinkPad X1 Tabletを検討するのが賢明といえる。

●長所

・素晴らしい構造と設計
・良質なキーボード
・豊富な端子と入力

●短所

・滑ることがあるキックスタンド
・平凡なバッテリー持続時間

-クレジットカード

Copyright© 長崎からいろんな情報を発信 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.